YouTubeショート

YouTubeショート動画とは、時間(最大60秒まで)の制限があるYouTube動画、
日本では2021年の7月よりサービスが開始されました。

YouTubeショート動画はTikTokのように縦長のフォーマットで、スマホとYouTubeアプリがあれば簡単にショート動画の制作・投稿や、
閲覧ができるという手軽さから人気が高まっています。
また、近年では短時間で効率的に動画を楽しみたいというユーザーが増え、ニーズが高まっています。

https://youtube.com/shorts/YHV0jGMSmmc?feature=share

 

YouTubeショート動画の閲覧時には、スクロールするだけで次のおすすめ動画へスムーズに切り替えができるショートフィードを使えます。
ページや動画のリロード時間が少なく、短時間で効率的に多くの動画を視聴できる点が通常のYouTubeとの違いです。
またYouTubeショートは通常のYouTube動画と比べて、スマホでの投稿・閲覧を意識したフォーマットになっています。

ショート動画マニュアル動画編集

 

 

 

 

 

 

 

マニュアル動画編集マニュアル動画の作成<YouTubeショート>
●アスペクト比:縦長or正方形
●時間:60

 

 

 

 

 

”視聴者に刺さるYouTubeショート動画を制作するためのポイント”

 

YouTubeショート動画制作

 

①冒頭で視聴者を引きつける
YouTubeショート動画は、動画のスキップが簡単にできます。視聴離脱されないためにも、冒頭の数秒で視聴者を引き込む。

②テンポのよい動画にする
視聴者を飽きさせないよう短い時間のなかでも、メリハリをつけて伝えたい要点を絞るようにします。

③コメント、高評価を獲得する
ショート動画にも、コメントや高評価をつけることは可能です。

④チャンネルやメイン動画への誘導を意識する
企業の場合、売上や問い合わせに繋げるためには、チャンネルやメイン動画への誘導を意識した動画制作が必要です。

⑤TikTok用の動画をショート動画でも利用する
同じ縦型フォーマットのTikTokのために制作した動画があれば、YouTubeショートに投稿することも可能です。
また、YouTubeショート動画をTikTokに投稿することも可能です。

YouTubeチャンネル登録

YouTubeのショート動画はチャンネル登録につなげられ、新しいファンを増やすことができるうえ簡単に投稿できるサービスだと思います。

前の記事

採用活動の手法は様々