クロスインタビュー

今回は新入社員や役職者を集めた座談会、採用担当者同士のクロスインタビューの事例をご紹介します。

言わずもがなですが、求人サイトと同じ情報が自社のリクルートサイトに掲載されているだけでは意味がありません。オウンドメディアなら働くひとや独自の技術、会社自慢など深堀りした紹介をする必要があります。

スタッフインタビュー

経営者の挨拶のなかでも “求める人物像” を紹介することが多いのですが、働くスタッフや採用担当者からはより現実感があり、リアルに表現されます。

新卒で入社したベテランスタッフにも下積み時代、苦労した時代がありました。そこをどうやって乗り越えたのか?どんな助けがあったのか・・求職者は本当にあったエピソードを知りたいのです。

中途入社の場合、なぜ転職したのか?未経験でも大丈夫だった⁈どうやって会社に馴染んだのかなど、求職者は自分に置き換えて読むのではないでしょうか。

事業部制をとっているなら、事業部によって仕事内容も働き方も求める人物像も違ってくると思います。職種によっても異なりますので、求職者の視点で紹介していく必要があると思います。

スタッフインタビュー

働くスタッフの個人インタビューも必要ですが、会社のいいところばかりでその人の個性や仕事内容まで詳しく説明できていない記事の多いため、できたらインタビュアーは業界の知識がない社外の方に聞いてもらうのが良いと思います。新たな会社の気づきや強みが発掘できる可能性もあります。

クロスインタビューを読めば面接の際も具体的な働くイメージを持って質問できるので、より踏み込んだ対話の時間となります。

▶実績はこちら

左官・土木・外構のハマニグループさん

総合木造建築業のサン工房さん