企業の魅力を構成する『5つの要素』

前回は採用活動において大切な 「業界に誇りを持つ!」 ことに触れました。

引き続き、求職者に向けて何を伝えるか の話になりますが、意外と自社では気付いていない “当たり前のこと” が、他社との差別化になることもあります。

社内で話し合い、他社を知る転職者や新入社員に聞いてみると良いかもしれません。

 

 

ー 企業の魅力を構成する5つの要素 ー

1・仕事内容 

どんな仕事をするのか。やりがいに感じる部分は何か。

モノをつくる、施工するだけでなく、販売担当、管理者等様々な立場や仕事別に紹介現場の様子も動画にすると伝わりやすい。

 

 

2・事業内容 

どういうビジネスモデルなのか。会社を通して社会貢献ができるか?

どんな仕事においても社会の課題を解決することを業としています。

自分たちの仕事がどう役立つか、暮らしを便利に、SDGsの取り組みを含め環境を良くしているか伝えていくのが良いと思います。

 

3・社員  

どんな人が働いているのか? どういう想いで入社した人がいるのか?

若手社員を中心にインタビューができると面白いですね。成長具合が伝わりますし、困難をどう乗り越えたのか?その人のストーリーが見えます。

新卒・中途によっても入社動機が異なるかもしれません。

 

4・文化

企業で大切にしていることは何か?他社と違う企業文化は?お互いに個性を尊重しているなど。

 

 

5・制度  

実際にどんな制度があり、どういった背景で制度がつくられたのか。 社員の育成に力をいれているか。具体的に紹介します。

 

経験が無くても着実にステップアップできる環境。どのタイミングで資格取得できるか?

取得するとどうなるのか分かると成長のできる職場であることが伝わり、具体的な目標を描きやすくなります。

 

 

それ以外にも当社では、社長や採用担当者からのメッセージが大切だと思っています。

将来のビジョンや人材についてどんな考えを持ち、どんな人と一緒に働きたいかがストレートに伝わります

次回は、採用担当者同士のクロスインタビューや、事業部のトップを集めた座談会の事例をご紹介します。